RSS
Admin
Archives

生駒山麓から

        生駒山麓から++あちこちの自然などを紹介していきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09
06


21:44
Category : さんぽ_奈良
1998年9月21日<平成10年>に台風第8号、9月22日に台風第7号と、2日連続して近畿地方に上陸した。

2つの台風の北上に伴って前線活動が活発となったため、台風による被害は広い範囲に及んだ。
 室生寺五重塔がこの台風により部分損壊<平成12年10月には修復完成>したほか、高野山の奥の院参道では杉の巨木が相次いで倒れるなどした。奈良、京都を始め、文化財が密集する関西地方を直撃したため、文化財の被害が顕著であった。


2004年10月20日<平成16年>台風第23号

 兵庫県豊岡市を流れる円山川、出石川が氾濫、京都府福知山市から舞鶴市を流れる由良川が氾濫して、浸水害が発生した。
 また、岡山県玉野市、京都府宮津市、香川県東かがわ市、愛媛県四国中央市など、西日本を中心に土砂災害が発生した。
 さらに、高知県室戸市では、高波により堤防が損壊する被害があった。
 人的被害は、兵庫県、京都府、香川県を中心に、全国で死者・行方不明者が100人近くに達する甚大な被害となった。


そして、
2011年9月1日ー5日、四国を通過した<平成23年>台風第12号
平成になって、最悪の被害となる模様。次々と被害のニュース。全貌は、見えない。



奈良県庁の展望台から生駒山を望む。
ikomayama.jpg


稲穂も頭を垂れる。
kome.jpg

桜の葉も色ずきはじめる。
sakura_20110906213320.jpg

今回の災害に関して、田中淳夫氏のブログでの意見は傾聴すべきです。特に、マスコミの方々。

水害と人工林批判を結びつけたがる愚

1> 
毎度ながら、どうしてマスコミのレポーターは現地に入れたのだろう。歩いて入ったか、ヘリコプターを利用してスタッフだけ運んだのか。
2> 
聞きかじりの無責任な報道。
 「この辺の山はスギやヒノキばかりなのです。そうじゃないと商売にならないので植えたのですが、スギやヒノキは根が浅くて水害に弱いのです。だから土砂災害を引き起こして……」と連呼。
3>
 70歳80歳の地元の人に「この地に生まれ育って、こんな水害は初めてだ」と発言させているが、自然のサイクルはそんなに短くない。
4> 
 ただ、一点気になるのは、洪水現場に山積みになった流木である。
 流木が橋などにひっかかり、それが水をあふれさせた原因になったところは多いようだ。
 この流木は、森林が地面ごと崩れてなぎ倒されたものなのか、それとも伐り捨て間伐で林内に残された間伐材が流れ出たのかはっきりしない。
 もし間伐材が主因なら、林業にも災害の一因を作った可能性がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。