RSS
Admin
Archives

生駒山麓から

        生駒山麓から++あちこちの自然などを紹介していきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
06


20:21
Category : さんぽ_奈良
馬見丘陵公園(2010/10/6)再訪 

umami1.jpg

umami2.jpg

umami3.jpg umami5.jpg
花菖蒲wiki  「昔の人は偉かった。」

江戸系
江戸ではハナショウブの栽培が盛んで、江戸中期頃に初のハナショウブ園が葛飾掘切に開かれ、浮世絵にも描かれた名所となった。ここで特筆されるのは、旗本松平定朝(菖翁)である。60年間にわたり300近い品種を作出し名著「花菖培養録」を残し、ハナショウブ栽培の歴史は菖翁以前と以後で区切られる。こうして江戸で完成された品種群が日本の栽培品種の基礎となった。
肥後系
肥後熊本藩主細川斉護が、藩士を菖翁のところに弟子入りさせ、門外不出を条件に譲り受けたもので、「肥後六花」の一つである。満月会によって現在まで栽培・改良が続けられている。菖翁との約束であった門外不出という会則を厳守してきたが、大正時代にこれを売りに出した会員がおり、瞬く間に中心的な存在となった。
伊勢系
伊勢松阪の紀州藩士吉井定五郎により独自に品種改良されたという品種群で、「伊勢三品[1]」の一つである[2]。昭和27年(1952年)に「イセショウブ」の名称で三重県指定天然記念物となり、全国に知られるようになった。


二上山 遠望
umami6.jpg

かぐや姫の郷~奈良県北葛城郡広陵町の竹取公園・古代住居広場
umami7.jpg

高床式倉庫、竪穴式住居ともに、竹取公園から北東の方向にある奈良県第二浄化センターを建設する際に発掘された住居跡をもとに、奈良県立橿原考古学研究所と奈良国立文化財研究所の協力で竹取公園内に復元されたものです。
約1500年前の古墳時代の住居と考えられています。 この竪穴式住居でだいたい4~5人の家族が暮らしていたと推測されています。


広陵町と香芝市の境界。                                住宅地には、必ずある注意書き。
umami8.jpg umami9.jpg

近鉄五位堂駅まで。暑かった。学生(畿央大学)は、さっさ、さっさと。俺も昔は・・・。
map.png



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。