RSS
Admin
Archives

生駒山麓から

        生駒山麓から++あちこちの自然などを紹介していきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08
08


23:10
1年半ぶりの「京都一周トレイル」。今回は、比叡山からの下りを選択しました。
北山コースの入口の一部と東山コース。そして雲母坂から修学院まで。

京阪浜大津から 坂本駅                      登録有形文化財「ケーブル坂本駅」↓
F1000007_20120815005434.jpg    F1000008_2_20120810000808.jpg
 

25℃の冷気が気持ちいい。湖南を望む。
F1000011_2.jpg
根本中堂。阿弥陀堂を抜けて、トレイルコースへ。入山料はお許しを願いました。
F1000012_2_20120815011613.jpg F1000013_2_20120815011613.jpg
山王院堂から北山№7トレイルコースへ。北山№4の見晴らしのいい休憩所。八瀬の里が見えます。
F1000015_2_20120815015424.jpg
スキー場跡です。懐かしく思われる方も。
F1000017_20120815022410.jpg F1000018_20120815022410.jpg F1000021_01 (7)
八瀬から登る、ケーブルカーの駅と比叡山頂へ行くロープウエイの駅です。
ここが、東山コースの終点道標、№74です。かわらけ投げがありました。
F1000021_01 (8) F1000021_01 (9) F1000021_01 (10)

ここから、東山の残り(銀閣寺まで)を歩く予定でした。

トレイルの道標は、路傍の石地蔵のごとし。風景と調和しすぎて、あいかわらず見つけにくい。
水飲対陣跡碑まで一気に降りましたが、ここで、地図上の「修学院離宮」と「雲母坂(きららざか)」という京都ブランド名に目がくらんで、修学院側へ降りてしまいました。
F1000021_01 (12)_2 F1000020_2_20120816022450.jpg

ところが、この道が、殆ど廃道に近く荒れている。
尾根道ではなく、雨が降れば一気に川になる状況で、私の短い脚では、下りがつらく、前足も動員しての山下りとなり、わずか1時間の下りで足を痛めることとなってしまいました。情けないですなー。

音羽川にかかる雲母橋。左が登山口。
F1000022_2_20120816031318.jpg

叡山電鉄、修学院駅から出町柳。出町柳から京阪電車で京橋まで・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。