RSS
Admin
Archives

生駒山麓から

        生駒山麓から++あちこちの自然などを紹介していきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03
06


23:06
Category : 翁と媼_大阪
大阪城です。

快晴に多くの翁と媼が繰り出しました。歩いている人の行列についていけば、「梅林」でした。
やっぱり、大阪の人出は奈良と段違い。

F1000005_20130311200901.jpg

クリスタルタワー? らしい。
F1000006_20130311201647.jpg

沿 革
 今では大阪を代表する早春の風物詩として毎年多くの観梅客で賑わうこの梅林の歴史は意外と新しい。 1972(昭和47年)10月、大阪府立北野高校(旧制北野中学)開校100周年事業の一環として同校の同窓会(六稜同窓会)より大阪市に寄贈された22品種、880本の梅の木を元に大阪城二の丸東地区に梅林が造成され、1974年3月に開園したのがその始まりである。開園当初は現・梅林の北西部分0.5haだったが1986年に現在の規模に拡張され(1.7ha)、その時に33品種、1055本と大きく成長。その後は毎年のように移植と補植を繰り返し、今では品種の豊富さにかけては西日本随一といえる規模の梅林になっている(2006年3月現在、97品種、1240本)。
http://www.tktaku.com/Bairin/preface.html


大阪城から天満宮まで歩きました。
F1000010_s.jpg

うどん200円 おでん1ケ100円 

うめ~もん市 ふるさと観光・物産展おみやげ 秋田のぬれおかき \300円*4≒\1,100円 (100円おまけ)
02420d6a.jpg
スポンサーサイト
2013.03
18


23:14
Category : 翁と媼_京都
春一番が吹き、雨模様でしたが、

京都府相楽郡精華町にある国立国会図書館 関西館 地下1階 総合閲覧室にて、第13回小展示では、「花ひらく少女歌劇の世界」と題して、少女歌劇に関する資料を紹介されていました。
kageki.jpg

ということで、堂々とした立派な建物に翁と媼はわけも分からず、入って行きました。
のっけに、カバンはロッカーに入れろと言われ、従いました。
「今日だけ」の入場用カードは、自分で、発行機に、名前と生年月日を打ち込むと、磁気?カードがポイっと出てきます。これで、入場ゲートを抜けて、閲覧室に入れました。<このとき財布、貴重品は自身の身につけておくことが肝要です。>
年寄りが、物見遊山にウロウロしていたら、若いお姉さんが、手取り足取り、説明頂けるので、嬉しかったです。

館内資料検索用のPCも机に十分すぎるほど並べられています。(ブラウザはモジラとIEでした。)

F1000006_s.jpg

バスを待つ間に、「けいはんな公園」の梅を数点

F1000003_20130319011034.jpg

F1000005_20130319011042.jpg

F1000004_20130319011046.jpg


サイゼリヤでお食事。コーナンでお買い物。どうですが、ハイソな一日。





2013.03
19


23:49
Category : さんぽ_奈良
毎月の通院のあと、奈良公園を徘徊です。昨日の雨のあとの晴天。すでに春です。

いつもの、浮御堂。こぶしの花が満開。
F1000017_20130402195535.jpg


梅林でデートちう。
F1000020_20130402195544.jpg

奈良県庁の屋上から、東、南、西。とーなんしゃー。
F1000028_S.jpg

F1000033_20130402200135.jpg

F1000034_s.jpg
2013.03
25


20:26
Category : さんぽ_奈良
奈良には佐保川と佐保山の間に「法蓮町」という広く大きな町があります。

明治22年の市町村制実施の際は、法蓮、法花寺、半田開(ハンダビラキ)の三村が合併して「佐保村」を設立。
大正12年になって、ようやく奈良市に合併・・・「奈良町風土記(山田熊夫:豊住書店)」から


法蓮西から奈良三山の遠望
F1000003_s.jpg

垂仁天皇の皇后といわれる「狭穂姫」伝承のある「狭岡神社」を通って、興福院へ。
F1000008_s.jpg F1000006_20130402213028.jpg

F1000016_20130402212734.jpg
この法蓮から、東に佐保川を渡ると、奈良旧市街、今流行りの「ならきたまち」というエリアに入ります。

西笹鉾(ニシササボコチョウ)町にある民家を利用した小さな美術館(+トイレステーション)と昔からの銭湯です。
F1000022_20130402214819.jpg 

F1000023_20130402214817.jpg

平成24年7月1日(日曜日)、奈良市で初めて、地元の皆様との協働により運営される観光案内施設「奈良市きたまち鍋屋観光案内所(旧鍋屋交番)」が半田横町にオープンしました。

手前のお店は、今も商いをしている、古道具、骨董店です。
F1000024_20130402215215.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。