RSS
Admin
Archives

生駒山麓から

        生駒山麓から++あちこちの自然などを紹介していきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08
08


23:10
1年半ぶりの「京都一周トレイル」。今回は、比叡山からの下りを選択しました。
北山コースの入口の一部と東山コース。そして雲母坂から修学院まで。

京阪浜大津から 坂本駅                      登録有形文化財「ケーブル坂本駅」↓
F1000007_20120815005434.jpg    F1000008_2_20120810000808.jpg
 

25℃の冷気が気持ちいい。湖南を望む。
F1000011_2.jpg
根本中堂。阿弥陀堂を抜けて、トレイルコースへ。入山料はお許しを願いました。
F1000012_2_20120815011613.jpg F1000013_2_20120815011613.jpg
山王院堂から北山№7トレイルコースへ。北山№4の見晴らしのいい休憩所。八瀬の里が見えます。
F1000015_2_20120815015424.jpg
スキー場跡です。懐かしく思われる方も。
F1000017_20120815022410.jpg F1000018_20120815022410.jpg F1000021_01 (7)
八瀬から登る、ケーブルカーの駅と比叡山頂へ行くロープウエイの駅です。
ここが、東山コースの終点道標、№74です。かわらけ投げがありました。
F1000021_01 (8) F1000021_01 (9) F1000021_01 (10)

ここから、東山の残り(銀閣寺まで)を歩く予定でした。

トレイルの道標は、路傍の石地蔵のごとし。風景と調和しすぎて、あいかわらず見つけにくい。
水飲対陣跡碑まで一気に降りましたが、ここで、地図上の「修学院離宮」と「雲母坂(きららざか)」という京都ブランド名に目がくらんで、修学院側へ降りてしまいました。
F1000021_01 (12)_2 F1000020_2_20120816022450.jpg

ところが、この道が、殆ど廃道に近く荒れている。
尾根道ではなく、雨が降れば一気に川になる状況で、私の短い脚では、下りがつらく、前足も動員しての山下りとなり、わずか1時間の下りで足を痛めることとなってしまいました。情けないですなー。

音羽川にかかる雲母橋。左が登山口。
F1000022_2_20120816031318.jpg

叡山電鉄、修学院駅から出町柳。出町柳から京阪電車で京橋まで・・・・・
スポンサーサイト
2012.08
08


23:32
京阪浜大津から坂本駅へ行くおりに、近江神宮前駅で乗り換えとなりました。

そこで、カメラを首からぶらさげた”若いお姉さん”がいました。「鉄子」かと思っていると・・・
F1000004_20120817015402.jpg

F1000005_20120817015151.jpg

F1000006_20120817015151.jpg

F1000021_01.jpg

おー! これが、耳にする「ちはやふる」か!と、感心することしきり。
お姉さんたち、無人駅ですが、遠慮がちに相対ホームを行きつ戻りつ・・・。

※ 末次由紀 『ちはやふる』 講談社〈講談社コミックスビーラブ〉、既刊17巻(2012年6月13日現在)

毎日新聞 2012年07月30日 地方版
「かるたの甲子園」と呼ばれる「第34回全国高校小倉百人一首かるた選手権大会」(全日本かるた協会など主催)が28、29両日、大津市神宮町の近江神宮「近江勧学館」で開かれ、高校生が熱戦を繰り広げた。競技かるたを題材にした末次由紀さんの漫画「ちはやふる」(講談社)の人気で、個人戦には777人(申し込み799人)、団体戦には38都府県予選(173校)を勝ち抜いた43校が参加。個人、団体とも過去最高数を記録する盛況ぶりだった。

 大会は1979年、小倉百人一首の普及を目的に8校で始まった。団体戦には今年初めて、上海の日本人学校が参加。個人戦の参加申し込みは毎回100〜200人の増という。

○ちはやふるラッピングトレインの運行について
  1 運行期間 平成24 年7 月24 日(火)~平成25 年8月31 日(土)予定
  2 区 間 京阪電車 石山坂本線 石山寺駅~坂本駅間
  3 使用車両 2 両1 編成 617-618 号車

2012.08
10


01:57
南海電車難波駅から橋本ー高野下ー極楽橋ー<ケーブル>ー高野山 2時間20分という長丁場

高野下での32分待ち 橋本駅で教えてほしかったなー 
F1000004_20120828021329.jpg

駅は文化財級みたいですが ドイツカイザー社 1906年製
F1000005_20120828022325.jpg

奥の院は2回ほど行きましたが、肝心の本堂を知らなかったので、今回は周辺をうろうろ

橋本警察署高野幹部交番(国登録有形文化財)を覗いてみました
F1000011_20120828023409.jpg

警部交番(けいぶこうばん)とは、交番のうち、交番所長に警部の階級にあるものが就いている交番のこと。


大門のバス停からの電線類が消えた風景 と 路地のスナック           
F1000016_20120828024252.jpg F1000012_20120828030538.jpg
高野山金剛峯寺周辺地区(和歌山県高野町) 整備方針概要図

帰りは特急「こうや」に連絡。極楽橋
これには乗らずに、チンタラと、橋本ー河内長野ー古市ー橿原神宮 で4時間がかりで帰宅
F1000018_2_20120828030939.jpg
2012.08
19


03:15
「3dayチケット」の三日目となり、出たとこ勝負の放浪となってしまいました。

大人:5,000円
期間中(土・日・祝日を含む)のお好きな1日、関西の主要電車・バスが乗り放題が3回分ついています。
2012年 夏 7/20(金)〜8/31(金)

8/8比叡山と8/10高野山で十分元は取れてはいますが。ここは関西人の「モッタイナイ」精神で

京阪 叡山電鉄 鞍馬線 宝ケ池
F1000007_2_20120828032112.jpg

木野駅からのルート

先ずは上賀茂神社を目指して
妙満寺
F1000005_20121118000352.jpg F1000008_20121118000712.jpg

貴船神社
F1000009_20121118000923.jpg

大田神社
F1000012_20121118001157.jpg

社家屋敷町と「くすのき」を見て上賀茂神社前
F1000013_20121118001414.jpg F1000014_20121118001414.jpg

上賀茂神社からバスで、北野「上七軒」から北野天満宮
F1000015_20121118001907.jpg F1000016_20121118001907.jpg


北野白梅から嵐電で嵐山まで
F1000020_20121118002224.jpg

嵐山から阪急電車とモノレールで大阪国際空港まで
F1000025_20121118002224.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。