RSS
Admin
Archives

生駒山麓から

        生駒山麓から++あちこちの自然などを紹介していきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06
06


23:07
Category : さんぽ_大阪
つぶやくために、習い事を始める。書き込むために、食べる。
こんな消費行動を「ネタ消費」と呼ぶようです。今日は、その「ネタ消費」の「散歩」です。


osakaawaji12051.jpg
阪急淡路駅の高架化工事の進捗をHPでみて、その完成がまちどおしいのですが、完成時には元気で見にこられるかどうかわからない。
 * 計画では2018年度に高架に移行、2020年度に事業完了と非常に息の長い工事になります。

淡路駅は2層化駅となりますが、近鉄布施駅のような路線別の2層化ではなく、京成青砥駅のような方向別の2層化となるとのこと。

なぜか、京都地下鉄東西線と京阪京津線が地中でねじれる4線シールド工法のややこしさを思い出します。

そして、並行して進む「おおさか東線<新大阪~放出>」にある城東貨物線淀川橋梁(赤川鉄橋)も「複線電化して旅客線に転換され、一つの橋に鉄道橋と人道橋の二面を併せ持つ珍しい風景もなくなる予定である。」とのことで、一度、見ておきましょう。
高架工事は淡路周辺でもやっていましたが、橋梁工事のほうはまだまだのように見受けられます。

この橋にかんしては、日々マニアがおいかけているので、別途お探しください。

 予期せず通った貨物車を、あわてふためいて撮ったものを2枚。

帰って調べると、お昼を挟んだ上下三本に遭遇できたらしい。
F1000012_20120609003509.jpg F1000031_20120609010610.jpg

淀川の風に吹かれつつ、一昨年にいった城北公園の花菖蒲園まで、足を伸ばし、
F1000020_20120609012232.jpg

江戸系 五月晴れ                 ビョウヤナギ
F1000022_20120609012521.jpg F1000025_20120609012520.jpg F1000027_20120609012520.jpg


折り返して、再び、淀川沿いに、毛馬のこうもんまで。
草刈機用のトラクターが堤防を駆け回り、土煙が舞っていたので、河川敷へ避難。

淀川の「わんど」再生事業。
F1000018_20120609014048.jpg F1000029_20120609014048.jpg

F1000035_20120609015139.jpg F1000036_20120609015139.jpg

F1000032.jpg

旧第一閘門は指定文化財です。
写真も撮りましたが、省略します。

2008年6月9日、「淀川旧分流施設」の名称で以下の建造物等が国の重要文化財に指定された。
毛馬洗堰
毛馬第一閘門(鉄製門扉、扉開閉装置、アーチ橋を含む)
以下は重要文化財の「附」(つけたり)指定
毛馬第二閘門
淀川改修紀功碑

地下鉄天六駅まで戻って、あっさり生駒山麓まで帰りました。

いやー 暑かった。でも、川風がここちよかったです。



スポンサーサイト
2012.06
07


23:28
Category : さんぽ_奈良
元興寺塔跡
F1000003_2_20120609114056.jpg
幕末(安政6年)の火災で塔も焼失したとのこと。

元興寺ハ靈龜二年飛鳥京ヨリ移建セラレ南都七大寺ノ一ナリシガ中世以降堂舍廢頽シ大塔ノミヲ残セシヲ安政六年燒失シテ今其塔阯ヲ存セリ
土壇ハ周囲石壁ヲ繞ラシ上ニ十七個ノ礎石アリ 礎石ハ表面ニ直徑約三尺ノ円形柱受並ニ直徑約九寸ノ大柄ヲ彫リ出シタル形式ニシテ心礎亦其形式相等シク形状稍大ナリ礎石ノ配列ニヨリテ三間三面方約三十二尺ノ塔阯タルコトヲ知ル昭和二年九月心礎周囲ノ地下約一尺二三寸ノ深サニ於テ勾玉 瑠璃玉 捻玉 丸玉、小玉等ノ玉類 和同開珍 萬年通寶 神功開寶等奈良朝時代ノ遺物ヲ發見セリ


庭の手入れが大変でしょう。アジサイはもう少し。
F1000004_20120609115231.jpg


F1000005_2_20120609115230.jpg

なぜ、こんなところに?春日さん??
F1000006_20120609115230.jpg
2012.06
14


23:45
Category : さんぽ_奈良

 奈良県にはまだ、磯城郡、生駒郡、北葛城郡という名称がのこり、川西町、三宅町、田原本町、上牧町、王寺町、広陵町、河合町、斑鳩町、安堵町などがある。

 このうち、北葛城郡の3町(王寺町・上牧町・河合町)、生駒郡の4町(斑鳩町・三郷町・平群町・安堵町)は西和と呼ばれ、消防組合を構成するなど従来から結びつきが強い地域である。一度は(1990年代初頭に)合併への気運は高まっていったが、実現には至らなかった。<この7町は奈良県警「西和警察署」の管轄ともなっている>

 そして「平成の大合併」の流れに、2003年(平成15年)、西和地区も例外なく住民発議による合併協議会が発足したが、結局、イロイロあって、2005年(平成17年)に合併協議会は解散した。

 新市名の住民公募では「法隆寺市」が首位、2位「西大和市」、3位「西和市」であったが、合併協議会委員だけの決定でいったん「西和市」<せいわし>に決まっていた。
 合併が実現していれば、人口で橿原市や生駒市を上回る県下第二の都市となる予定であった。

車に乗れないわが身としては、これらの町の位置関係がイマイチ不明なので、まずは、田原本線の「池部」から「砂かけ祭」で有名な河合町の廣瀬大社、JR法隆寺までを「ほっつき」歩いてみた。

 F1000005_20120619012637.jpg

F1000006_20120619012637.jpg

F1000012_20120619012636.jpg

F1000010_20120619012635.jpg

F1000011_20120619012635.jpg F1000013_20120619013014.jpg

F1000017_20120619013014.jpg



2012.06
29


23:17
Category : 翁と媼_大阪
少し涼しい日が続きましたが、今日は30℃超えの真夏日。
生駒駅から100円バスで生駒山麓公園まで。「とうろうゲート」出発(10:30)で、くさか園地からぬかた園地まで。約7KM

まさにオン・シーズン。老いも若きも保育園児もアジサイ祭りでワイのワイでした。
梅雨の晴れ間が幸いしました。

(13:00)
 七段花(Shitsidankw’a :しちだんか)
F1000005_20120630000758.jpg


F1000013_20120630001232.jpg

F1000016_20120630001401.jpg F1000018_2_20120630001449.jpg

山道が苦手な「山の神」が一緒なので、額田まで降りるのはムツカシイと思い、管理道を暗峠まで。峠の手前で
慈光寺から裏山を通ったため、ひともんちゃくがありましたが、なんとか到着。(14:10)

コミュニティバスの時刻表は15:25発。1時間待つうちに里まで降れるので、歩き出してしまいました。
「待っとけば良かった。」

 生駒の里も山も、里山というか、棚田というか、農業そのものの荒廃が加速しているのを実感しました。
F1000021_2_20120701103436.jpg

ラッキーガーデンで小休止。風がある分助かりましたが、なにせめまいはするし、なさけないことです。
F1000023_2.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。