RSS
Admin
Archives

生駒山麓から

        生駒山麓から++あちこちの自然などを紹介していきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04
08


21:47
Category : さんぽ_いこま
桜 At 生駒・竜田川

今年も、桜を観ることができました。感謝。



F1000004_2.jpg



スポンサーサイト
2012.04
09


23:42
Category : 翁と媼_奈良
今年は、「大佛鐵道記念公園」から恋の窪まで、ぶーらぶら。

F1000003_2.jpg

川路ザクラ
F1000005_20120410010106.jpg F1000007_3.jpg

F1000006_2.jpg

F1000008_2.jpg

三笠中学校付近
F1000012_2_20120410011710.jpg

図書情報館周辺
F1000016_2_20120410012133.jpg


F1000017_2_20120410012556.jpg F1000015_2_20120410012556.jpg

最後の締めは、やっぱり温泉です。
images_20120410013739.jpg

今週の末あたりが、散りそめで、ごっつええ感じじゃないでしょうか。

2012.04
10


23:38
Category : さんぽ_奈良
久米寺

F1000005_20120411185305.jpg

益田池(ますだいけ)

平安時代初期に、高取川に堤防を築いて水の流れをせき止めて作られた巨大な灌漑用の貯水池。堤防は現在の鳥屋橋北から鳥坂神社まで長さ約200メートル、高さは10メートル近くあり、満水時の貯水量は140万トンから180万トンと推測されている。橿原ニュータウンはその跡地に建設された。

F1000010_20120411185930.jpg

小谷古墳

F1000018.jpg

益田岩船

F1000026.jpg

F1000022.jpg F1000024.jpg

高取川

F1000030_20120411205551.jpg

『火の路』(ひのみち)は、松本清張の長編推理小説。『朝日新聞』に『火の回路』のタイトルで連載され(1973年6月16日 - 1974年10月13日)、改題の上、1975年11月・12月に文藝春秋から刊行された。ペルシア人・ゾロアスター教徒の飛鳥時代伝来説を描き話題を呼んだ、著者の古代史ミステリーの代表的長編。

「カメラマンの坂根要助は、奈良県明日香村の石造遺跡を取材中、遺跡を真剣に観察する女性・高須通子に出会う。通子は奈良市内に宿泊していたが、散歩中に法華寺の近くで男が刺されているのを発見する。・・・・・」

◆益田池の造築を讃えた、弘法大師の書による巨大な石碑の台石 ??
最も古くからある説で、上にのっていた碑は高取城築造のさいに石垣をつくるための用材として破砕されたという伝説がある。
◆占星術のための天体観測台 ??
二つの穴に石柱を建て、その上に横柱を渡して星を観測したという説。
◆火葬墳墓 ??
穴の中に遺骨を入れて石の蓋をするという説。
◆横口式石槨の古墳 ??
横口式石槨の建造途中で石にひびが入っていることが分り放棄されという説。
その後別の石を使って完成したものが、岩船から南西へ500メートルほど行ったところにある牽牛子塚古墳であるという。
東側の穴と違って、西側の穴には水がたまらない事からも亀裂が入っている事がわかる。現在では最も有力視されている説だが、決定的な証拠は無い。



F1000028.jpg F1000038_20120411210845.jpg
2012.04
12


18:18
Category : さんぽ_奈良
結局は奈良公園に

F1000016.jpg

大仏池                                      戒壇院
F1000013_20120413184156.jpg F1000012.jpg

F1000014.jpg


 手貝門                      佐保川<法蓮町>              興福院<こんぶいん>
F1000023_20120413184626.jpg F1000024_20120413184627.jpg F1000025.jpg

F1000015_20120417214509.jpg
2012.04
14


22:52
Category : さんぽ_いこま
生駒駅前の記録
F1000004.jpg

F1000023_20120417215354.jpg F1000007_2_20120417220104.jpg

健民グラウンドから
F1000014_20120417215353.jpg F1000015_20120417215410.jpg

「パレス温泉」という銭湯
F1000019_20120417220655.jpg F1000020_20120417220654.jpg

竜田川は、一週間でおしまい。
F1000040.jpg F1000041.jpg
2012.04
24


22:35
Category : 翁と媼_京都
どこか行こうか。ということで、

近鉄京都線・大久保でJR奈良線「新田」<しんでん>に乗り替え、宇治まで。

やましろ風土記(その1)から

樹齢180年余のいちょうの木。

単に樹齢や大きさなら、この木以上の老木や大木はそこかしこにあります。でもこの木の価値は「駅前の大木」であることであり、駅を行き交う人を出迎えそして見送っていることだと思います。
 そんな大銀杏に会えるJR奈良線・新田駅を紹介します。


 駅の開業は明治29年と古く、駅前のいちょうの木も開業前後に植えられたのではないかと思われます。
 駅舎は昭和中期のものですが、木造瓦葺きの平屋造りで小さいながら屋根付きの玄関を持ちなど結構情緒があります。
F1000001_2_20120426224858.jpg

秋の撮影ポイントに追加。


石楠花 三連発。
F1000021_2.jpg

F1000009_2.jpg


F1000018_2.jpg

ヤマブキ
山吹_2

ドウダンツツジ
ドウダンツツジ_2


F1000008_2_20120427013050.jpg

F1000015_2_20120427013258.jpg

三室戸寺から、さわらびの道を、宇治上神社、宇治神社を経て、宇治川まで。
F1000026_2.jpg

宇治の駅まで戻りましたが、バスで「宇治の植物園」に寄り、近鉄大久保駅まで。


2012.04
25


22:02
Category : さんぽ_奈良
奈良駅から循環バスで、破石<わりいし>バス停まで。

高畑をふらふらと、
F1000002_9.jpg


春日中学校、大杉教会を見ながら、滝坂の道の入口まで。 
F1000008_20120429001912.jpg F1000011_20120429001922.jpg


F1000015_2_20120429010504.jpg

                                      寝 仏
F1000017_20120429010744.jpg

                                      夕日観音
F1000013_20120429010658.jpg F1000018_20120429012144.jpg

                 朝日観音
F1000019_2_20120429014405.jpg F1000020_2.jpg

首切り地蔵 <伝説の臭いもない風情になっていました>             新 池
F1000021_20120430003528.jpg F1000022_20120430003527.jpg

                                  斑入紫背菫<ふいりしはいすみれ>
F1000025_2.jpg 斑入紫背菫
                                        ギフチョウの食草って本当?

F1000027_20120430005234.jpg

 春日奥山ドライブウエイ 春日山A周路部分は歩行者の通行が可能 有料 一方通行
F1000028_2_20120430005233.jpg F1000031_20120430005232.jpg

鶯の滝分岐を過ぎたところで、欧米系の外国人家族?とすれ違う。みんな足元がしっかりしていたのに感心する。
F1000030_2_20120430011621.jpg


若草山は黄砂のため、視界不良でした。
F1000035_20120430011934.jpg

F1000033_20120430011933.jpg

山上駐車場の監視所から今は「春日遊歩道」とよばれる自動車道を「高級旅館・月日亭」のある山麓まで。

wakakusayama_20120614211707.jpg

帰りは、春日大社の駐車場からバスで奈良まで。ひ弱になってしまっている。本日・2万3千歩。
2012.04
27


23:25
2008(H20)・6・12以来の室池園地です。

桜のシーズンが終わった、生駒山麓公園。ひっそりとしていました。

F1000008_20120505002616.jpg

テニスコートを少し行くと、「廣岩山」と呼ばれる神社があり・・・詳細不明・・・またの機会に調べます
F1000010_20120505003806.jpg F1000012_20120505003806.jpg
                                        「大阪市長」とは・・・?

ドライブウエイを潜り、阪奈道路に出て、ハイキング道を行くと室池に出ます。この間、1時間ちょい。
F1000018_20120505004155.jpg

四條畷市野外活動センターから「ふれあいの森」を抜け、田原台住宅の戎公園バス停まで。この間も1時間ちょいでした。

F1000027_2_20120505005811.jpg F1000030_20120505005810.jpg

今回は、② --> ①
szdthikemap.jpg
2012.04
29


23:11
Category : さんぽ_奈良
興福寺の八重桜

F1000009_20120505011441.jpg

F1000015_20120505011815.jpg

奈良女子大記念館、恒例の春の一般公開でした。

F1000016_20120505012014.jpg F1000018_20120505012013.jpg

F1000019_20120505012013.jpg

F1000020_20120505012012.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。