RSS
Admin
Archives

生駒山麓から

        生駒山麓から++あちこちの自然などを紹介していきます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01
22


23:23
Category : 翁と媼_兵庫
熊野へ行ってから、もう、2年半もたつのか。

久しぶりのお泊り旅行でしたが、行先は「有馬温泉」。十分、日帰りが可能でしたが、お泊りにしました。

 宝塚から有馬行きのバスで、後ろに座った大学生カップルのハイテンションなバカップル会話と乾いた笑い声に、いいかげんウンザリさせられ、耳栓(イヤフォン)を両耳に突っ込んで憮然としていました。

既視感満載な観光地の景色に、写真を撮る気にもなれず、ホームページから無断転載です。

arima.jpg

arima2.jpg

コース
行き:生駒-----大阪・・・梅田---宝塚・・・昼食・・・宝塚===有馬・・・

帰り:有馬-----新開地-----三宮・・・昼食・・・三宮= ?さて、何が起こったのでしょうか? =箕谷---新開地------尼崎-----生駒

出歩くと疲れます。



スポンサーサイト
2010.11
06


23:59
Category : 翁と媼_兵庫
この夏から、FMCOCOLO(エフエムココロ:76.5MHZ)を聞いています。

 DJの「メメ」さんが、「神戸の穴場的なところで、菊花展や、特に、<恋人たち>のため?の、夜間のライトアップもすばらしい。」とのこと。

神戸、三宮に降りるのは、震災以来です。

mon

被災時の写真展示と今の復旧振りを見て、時間の経過と、人・物・金の投入されたエネルギーを痛く感じました。あのトキのことは、1日も忘れることなんてないのです。トラウマです。


さてさて、蘇鉄園として有名らしいですが、地味な植物だけに、園内でも、あまり人の足は向いていませんでした。

sotetu

旧ハッサム邸
英国人貿易商のハッサム氏が、明治35年頃異人館街(北野町)に建てて住んだもので、設計は英国人によるものです。木造2階建、寄棟造棧瓦葺(よせむねさんかわらぶき)の和洋折衷建築物です。昭和36年に神戸市が寄贈を受け、昭和38年に移築されました。なお、前庭のガス灯2本は、明治7年頃当時としては非常に早い時期に、外国人居留地に街灯用として建てられていたものです。なお阪神・淡路大震災時に屋根から落下した煙突を前庭に保存しています。 (昭和36年6月7日重文指定) 


菊花展と同時に内部を特別公開していました。使用人部屋やバス、トイレ、各部屋にある暖炉など、意外とこじんまりとしていて、アナログな時代の生活が垣間見られました。

hassamuホームページから頂きました。

北斎画で有名な「巴錦」です。と書いてありますが、正確には、
「北斎の絵にこの菊と思われる花が描かれていることから、もし、そうなら、観賞菊としては、メッチャ、長寿な菊の品種として推定される」
とのこと。
観賞菊の品種は、通常10年ぐらいで、次の品種改良がなされるそうです。へえ~。

kiku

最寄り駅は、神戸元町駅です。三宮までぶらぶら中華街を歩いて帰りました。





2010.05
27


23:01
Category : 翁と媼_兵庫
めったに手に入らないチケットをペアで頂いたので、もったいないから、ムリヤリ観戦。
レフト・アルプススタンド席。

甲子園そのものが久しぶり。新しくなった甲子園にもワクワク。
小汚い、臭ーい雰囲気は、大阪ドーム並みになっていました。

今日は、交流戦。相手は、西武・ワクイ! 打てんやろなあ。
開始直後で、トラキチがもうこんな雰囲気。うそでも阪神ファンにならないと観戦できない。
F1000002_20110811172759.jpg F1000003_20110811172759.jpg

4回あたりから、サラリーマンの団体がビール片手にぞろぞろ入ってきたのところで、身動きできなくなりそうなので、撤収。

難波ー甲子園の直通快速ができても、まだまだ遠い感じがしました。


試合結果
                   R/H/E
埼玉西武 200100003-6/9/0
阪__神 010000000-1/6/2
勝投手 :涌井 ( 6勝3敗 )
敗投手 :フォッサム ( 2勝2敗 )

本塁打 :[神] ブラゼル 16号 ( 2回1点 涌井 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。